OleDbDataAdapter.Fillでレコード取得

OleDbDataAdapterオブジェクトのFillメソッドを使って、Accessの表(MDBファイル)から取得したレコードをデータグリッドビューに表示するプログラムを作成します。

VB 2008 [MDB版]
サンプル
  • フォームにボタンとデータグリッドビューを貼り付け
  • OleDbDataAdapter.Fillでレコード取得
  • DataGridViewのDatasourceプロパティでデータをバインド
  • データグリッドビューに商品マスター表の全レコードを表示
  • 【注意】接続文字列は、できるだけアプリケーション構成ファイルapp.configから取得するようにしてください。
販売管理データベース:商品マスター表
Key 列名 データ型 サイズ 値要求 空文字列の許可
商品コード テキスト型 5 はい いいえ
商品名称 テキスト型 30 はい いいえ
販売単価 数値 整数型 はい いいえ

VB 2008 [SQL Server版]
VB.NET [MDB版]

Option Strict On
Imports System.Data.OleDb

Public Class Form1

    '*********************************************************************
    ' 検索ボタン押下処理
    '*********************************************************************
    Private Sub Button1_Click( _
        ByVal sender As System.Object, _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        Try
            Using con As New OleDbConnection
              Using cmd As New OleDbCommand
                  ' 接続文字列の設定(MDB)
                  con.ConnectionString = _
                      "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _
                      "Data Source=" & Application.StartupPath & _
                      "\販売管理データベース.mdb"

                  ' OleDbCommand.Connectionプロパティの設定
                  cmd.Connection = con

                  ' SQL文の設定
                  cmd.CommandText = _
                      "SELECT 商品コード, 商品名称, 販売単価 " & _
                      "FROM 商品マスター表 ORDER BY 商品コード"

                  ' 商品マスター表からレコード取得
                  Dim dt As New DataTable
                  Using da As New OleDbDataAdapter
                      da.SelectCommand = cmd
                      da.Fill(dt)
                      ' データグリッドビューにバインド
                      Me.DataGridView1.DataSource =dt
                  End Using 
              End Using
            End Using
        Catch ex As Exception
            ' 例外が発生した時の処理
            MessageBox.Show(ex.ToString)
        End Try

    End Sub

End Class