社員データ管理削除クラス[VB 2013]

Visual Basic 2010/2008 やさしいADO.NET DBプログラム

   やさしいVB 2010 / 2008 ADO.NET

社員マスター選択更新削除派生クラスから、さらに派生した社員データ削除クラスを実装します。

レコード削除関連メンバー

クラス図

社員データ削除クラスは、社員データ基本クラスを継承し、社員データの削除に必要なメンバーを実装します。

レコード更新派生クラスと同様なメンバー構成になります。

このクラスに、1レコード削除メソッドを実装すれば、社員マスターアクセスクラスのメソッドを画面クラスから呼び出す必要がなくなります。

外部から変更できないプロパティは、社員データ基本クラスでReadOnlyプロパティとして実装します。

  • コンストラクタ(引数:なし)
  • コンストラクタ(引数:社員コード)
  • 1レコード削除メソッド
社員マスター表
Key 列名 データ型 NULLを許容
社員コード nchar(5) しない
社員氏名 nvarchar(20) しない
社員カナ nvarchar(40) しない
部署コード nchar(4) しない
更新日時 datetime しない
Option Strict On
Imports System.Text.RegularExpressions

'////////// 基本クラス:社員データ基本クラス //////////
Public MustInherit Class ClsShainBase

    '<< ◆社員データ基本クラスはこちら◆ >>

End Class

'////////// 派生クラス:社員データ選択削除削除クラス //////////
Public MustInherit Class ClsShainSub
    Inherits ClsShainBase

    '<< ◆社員データ選択削除削除派生クラスはこちら◆ >>

End Class

'////////// 派生クラス:社員データ削除クラス //////////
Public Class ClsDeleteShain
    Inherits ClsShainSub

    '========================================================
    ' 機能:コンストラクタ
    ' 引数:なし
    '========================================================
    Public Sub New()

        MyBase.New()

    End Sub

    '========================================================
    ' 機能:コンストラクタ
    ' 引数:社員コード
    '========================================================
    Public Sub New(ByVal shainCode As String)

        MyBase.New(shainCode)

    End Sub

    '********************************************************
    ' 機能:社員マスターの1レコードを削除するメソッド
    ' 引数:削除するレコードの社員コード
    ' 戻値:削除したレコード数
    '****1*********2*********3*********4*********5**********6
    Public Function _
        DeleteKeyRecord(ByVal shainCode As String) As Integer

        Dim retDeleteCount As Integer    ' リターン値
        Dim dbIO As New ClsShainTableIO()

        ' レコードの削除
        retDeleteCount = dbIO.DeleteKeyRecord(shainCode)

        Return retDeleteCount

    End Function

End Class

Copyright© やさしいVB2012/2010 ADO.NET. All rights reserved.