app.configファイルから接続文字列を取得[VB 2013]

Visual Basic 2010/2008 やさしいADO.NET DBプログラム

   やさしいVB 2010 / 2008 ADO.NET

アプリケーション構成ファイルapp.configに作成した接続文字列を取得して、データベースの開閉をテストするサンプルプログラムです。

app.configの接続文字列を利用してOpen・Close

DB接続テスト

接続ボタンを押すと、データベースの開閉をメッセージボックスに表示します。接続状態は、Stateプロパティを文字列に変換して確認します。

最初に、参照の追加で、System.Configurationを追加して、プロジェクトにインポートします。

アプリケーション構成ファイルapp.configから接続文字列を取得するためには、ConnectionStringSettingsオブジェクトを利用します。

ConfigurationManagerクラスのConnectionStringsプロパティに、addタグのname属性を設定すると、アプリケーション構成ファイルから接続文字列を取得できます。

図のように既定値のname属性値は長すぎるので、"販売管理ConString"に変更します。

app.config

Option Strict On
Imports System.Data.SqlClient

Public Class ConTest

    Private Sub BtnTest_Click(ByVal sender As System.Object, _
                              ByVal e As System.EventArgs) Handles BtnTest.Click

        Try
            Dim con As New SqlConnection    ' 通常 Using con As New SqlConnection
            Using con
                Dim settings As ConnectionStringSettings
                ' 接続文字列をapp.configファイルから取得
                settings = _
                    ConfigurationManager.ConnectionStrings("販売管理ConString")
                If settings Is Nothing Then
                    ' 接続文字列取得エラー
                    MessageBox.Show("app.configに未登録", "接続文字列エラー")
                Else
                    ' 接続文字列の設定
                    con.ConnectionString = settings.ConnectionString
                    ' DBを開く
                    con.Open()
                    '【接続状態の確認】
                    MessageBox.Show(con.State.ToString, "Open直後")
                End If
            End Using

            '【接続状態の確認】
            MessageBox.Show(con.State.ToString, "End Using直後")

        Catch ex As Exception
            MessageBox.Show(ex.ToString, "接続テスト【例外発生】")

        End Try

    End Sub

End Class

Copyright© やさしいVB2012/2010 ADO.NET. All rights reserved.