社員データ管理選択クラス[VB 2013]

Visual Basic 2010/2008 やさしいADO.NET DBプログラム

   やさしいVB 2010 / 2008 ADO.NET

社員データ選択更新削除クラスから派生した社員データ選択クラスを作成します。この上のクラスは抽象クラスなので、社員データ選択クラスでインスタンスを生成します。

コンストラクタを実装

クラス図

社員データ選択クラスでは、社員コードを引数に指定したコンストラクタだけを実装します。

必要なメンバーは、すべて社員データ選択更新削除クラスと、社員データ基本クラスに実装されています。

コンストラクタでは、プロパティからテーブルの列(フィールド)項目の値を取得できるようにします。

Option Strict On
Imports System.Text.RegularExpressions

'//////////////////// 基本クラス:社員データ基本クラス ////////////////////
Public MustInheritClass ClsShainBase

    '<< ◆社員データ管理基本クラスソースリスト◆ >>

End Class

'//////////////// 派生クラス:社員データ選択更新削除クラス ////////////////
Public MustInherit Class ClsShainSub
    Inherits ClsShainBase

    '<< ◆社員データ選択更新削除派生クラスソースリスト◆ >>

End Class

'////////// 派生クラス:社員データ選択クラス //////////
Public Class ClsSelectShain
    Inherits ClsShainSub

    '==========================================================
    ' 機能:コンストラクタ
    ' 引数:社員コード
    '==========================================================
    Public Sub New(ByVal shainCode As String)

        MyBase.New(shainCode)

    End Sub

End Class

Copyright© やさしいVB2012/2010 ADO.NET. All rights reserved.