独自例外クラス VB Web

[広告]

エラーは例外スロー

入力エラーやデータベースアクセスエラーがあった時は、例外クラスを作成して、独自の例外をスローします。この例外をFormクラスでキャッチして、エラーメッセージを表示します。

独自例外クラス

独自例外クラスは、ApplicationExceptionを継承します。コンストラクタ以外のメンバーはありません。

コンストラクタは、エラーメッセージを引数に指定します。エラーメッセージは、画面のラベルに表示します。

メニューの[WEB サイト]をクリックして、[新しい項目の追加] から[クラス] を選択して、ファイルの名前を「ClsException.vb」にします。

クラス追加
Imports Microsoft.VisualBasic

'///////////////// 得意先コード例外クラス //////////////////
Public Class TokuisakiCodeException
    Inherits ApplicationException

    Public Sub New(ByVal message As String)
        MyBase.New(message)
    End Sub

End Class

'////////////////// 得意先名例外クラス ///////////////////
Public Class TokuisakiMeiException
    Inherits ApplicationException

    Public Sub New(ByVal message As String)
        MyBase.New(message)
    End Sub

End Class

'////////////////// 郵便番号例外クラス ///////////////////
Public Class YubinBangoException
    Inherits ApplicationException

    Public Sub New(ByVal message As String)
        MyBase.New(message)
    End Sub

End Class

'////////////////// 得意先住所例外クラス ///////////////////
Public Class TokuisakiJushoException
    Inherits ApplicationException

    Public Sub New(ByVal message As String)
        MyBase.New(message)
    End Sub

End Class

'////////////////// DBIO独自例外クラス /////////////////////
Public Class DBIOException
    Inherits ApplicationException

    Public Sub New(ByVal message As String)
        MyBase.New(message)
    End Sub

End Class
[広告]