マスターファイル削除仕様 VB

[広告]

テーブル削除WebFormをプロジェクトへ追加

得意先マスター削除ページを作成します。ロゴ追加やマスターページの追加と同様に操作して、「Web フォーム」をプロジェクトに追加して、マスター削除フォームを作成します。

ソリューションエクスプロラーの[HanbaiKanriSite]を右クリックして、[追加(D)] → [新しい項目の追加(W)]を選択します。

新しい項目追加

[新しい項目の追加]フォームが開きます。

  1. Web フォームを選択
  2. 名前を TokuisakiSakujo.aspx に変更
  3. [別のファイルにコードを書き込む]と[マスターページの選択]がチェックされていることを確認
  4. [追加(A)]ボタンをクリックすると、[マスターページ選択]フォームが開きます。

照会フォームと同様に共通デザインを指定します。NestedHanbaiKanri.master を選択して、[OK]ボタンをクリックすると、[TokuisakiSakujo.aspx]ファイルが、プロジェクトに追加されます。

マスターページ選択

デザイン画面が表示されていたら、[ソース]タブをクリックして、ソースフォームを表示します。

asp:Content 要素(タグ)に、Table要素(タグ)を使って、コンテンツを作成していきます。Table要素を追加する前に、ソース画面でdiv要素(タグ)を追加します。Table要素は、このdiv要素の中に実装します。こうしておくと、div要素を操作することによって、表示位置を簡単に修正することができるようになります。

asp:Content 要素に追加するのは、次の2行です。

<div id="mainContent">
</div>

追加後のソースリストは次のようになります。<%@ Page ...... %>など長い行は、見やすくするために折り返しています。

<%@ Page Title="" Language="VB" 
    MasterPageFile="~/NestedHanbaiKanri.master" AutoEventWireup="false" 
    CodeFile="TokuisakiSakujo.aspx.vb" Inherits="TokuisakiSakujo" %>

<asp:Content ID="Content1" 
    ContentPlaceHolderID="ContentPlaceHolder1" Runat="Server">
    <div id="mainContent">
    </div>
</asp:Content>

次に、[デザイン]タブをクリックし、デザインフォームを表示したら、上部メニューの[テーブル(A)]→[テーブルの挿入(T)]をクリックします。テーブルの挿入画面が表示されます。

サイズの[行(R)]を7、[列(M)]を3に変更したら、他の項目は既定値のままにして、[OK]ボタンをクリックすると、デザイン画面に7行3列のテーブルが追加されます。

新しいテーブルの挿入

追加されたテーブルの各セルの中(セルの一部は結合する)に、ラベル、テキストボックス、ボタンなどのコントロールを追加していきます。

次のようにセル内にコントロールを貼り付けます。7行目はすべてのセルを結合します。セルの結合は、結合するセルをすべてドラッグして、メニューの[テーブル(A)]→[変更(M)]→[セルの結合(M)]の順にクリックすれば、結合されてひとつのセルになります。

マスター削除フォーム

名称 ツール Name 補足
得意先コード  TextBox TxtTokuisakiCode 半角4桁で入力
得意先検索
ボタン
Button BtnKensaku 得意先コードをキーにして
得意先マスター表から
得意先名称、郵便番号、住所を取得し、
ラベルのTextプロパティにセット
得意先名称 Label LblTokuisakiMei 得意先名称をTextプロパティにセット
郵便番号 Label LblTokuisakiYubinBango 郵便番号をTextプロパティにセット
住所 Label LblTokuisakiJusho 住所をTextプロパティにセット
削除ボタン Button BtnSakujo 得意先コードのレコードを
得意先マスター表から削除
クリアボタン Button BtnClear フォームを初期状態に戻す
メッセージ Label LblMessage エラーメッセージを表示

固定文字列(得意先コード、得意先名称、郵便番号、住所)は、td要素内の文字列。ラベルではないので注意してください。

[広告]