マスター照会画面ボタンクリック

[広告]

マスター照会画面クラス:ボタンクリック処理

マスター照会ページの「得意先検索」ボタンクリック処理と、「クリア」ボタンクリック処理を実装します。

マスター照会フォーム

得意先検索ボタンをダブルクリックすると、"TokuisakiShokai.aspx.vb" ファイルが開くので、ここに得意先検索ボタンクリック処理を実装します。

【得意先検索ボタンクリック処理】

得意先データ管理クラスのインスタンスを生成して、そのプロパティから得意先名・郵便番号・住所を取得後、ラベルのTextプロパティにセットする。

【クリアボタンクリック処理】

フォーム(画面)を初期状態に戻す。

得意先データ管理クラス

得意先基本クラスとその派生クラスを実装します。このファイルに、得意先データ構造体TokuisakiData も宣言します。

得意先データ管理クラスClsTokuisakiクラスは、データベースアクセスとフォーム(画面)クラスを仲介するクラスなので、フォームクラス実装者は、データベースの知識がなくてもプログラミングできます。同様に、得意先データ管理クラス実装者も、SQLなどデータベースの専門知識がなくても実装できます。

Partial Class TokuisakiShokai
  Inherits System.Web.UI.Page

  ' 得意先検索ボタンクリック処理
  Protected Sub BtnKensaku_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
    Handles BtnKensaku.Click

    Try
      Dim tokuisaki As New ClsTokuisaki(TxtTokuisakiCode.Text)
      LblTokuisakiMei.Text = tokuisaki.TokuisakiMei
      LblTokuisakiYubinBango.Text = tokuisaki.YubinBango
      LblTokuisakiJusho.Text = tokuisaki.TokuisakiJusho
      BtnClear.Focus()

    Catch ex As TokuisakiCodeException
      ' 得意先コード例外が発生した時の処理
       LblMessage.Text = ex.Message

    End Try

  End Sub

  ' クリアボタンクリック処理
  Protected Sub BtnClear_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
    Handles BtnClear.Click

    TxtTokuisakiCode.Text = Nothing
    TxtTokuisakiCode.Focus()
    LblTokuisakiMei.Text = Nothing
    LblTokuisakiYubinBango.Text = Nothing
    LblTokuisakiJusho.Text = Nothing
    LblMessage.Text = Nothing

  End Sub
End Class
[広告]