簡易電卓プログラム作成[VB 2013]

Visual Basic 2012/2010 超やさしい文法

   簡易電卓プログラム作成

Visual BasicのWindowsアプリケーションの初心者向けラーニングコースです。

フォームを使ったやさしいWindowsプログラム「やさしい簡易電卓」を作成します。

Visual Studio Express 2012、VB 2010 Express、VB 2008 Express Edition で動作します。

電卓プログラムの仕様

まず、数字1のボタン、数字2のボタン、数字3のボタン、+のボタン、Cのボタン、=のボタンのみを使った簡単な電卓プログラムを作成します。

ツールボックスからLabel(ラベル)とButton(ボタン)コントロールをフォームにドラッグして追加して、各プロパティ値を下の表のように設定します。また、Form1のTextプロパティを「簡単電卓」に変更します。

画面

コントロール プロパティ 設定値 機能
LblAnser AutoSize False 初期値として0を表示
数値が入力されたらその値を表示
演算キーがクリックされたら
その結果を表示
BorderStyle Fixed3D
Text 0
BackColor ActiveCaption
BtnOne Text 1 【BtnOneクリック処理】
LblAnserが0なら1を表示
それ以外は、末尾に1を追加表示
BtnTwo Text 2 【BtnTwoクリック処理】
LblAnserが0なら2を表示
それ以外は、末尾に2を追加表示
BtnThree Text 3 【BtnThreeクリック処理】
LblAnserが0なら3を表示
それ以外は、末尾に3を追加表示
BtnPlus Text + 【BtnPlusクリック処理】
直前に入力した整数を加算して
LblAnserに表示
BtnClear Text C 【BtnClearクリック処理】
今までの集計結果を0に戻して
LblAnserに表示(0表示になる)
BtnEqual Text = 【BtnEqual押した時の処理】
LblAnserに演算結果を表示
追加
仕様
BtnZero Text 0 【BtnZeroクリック処理】
LblAnserが0表示ならそのまま0を表示
それ以外の表示なら
末尾に0を追加して表示
BtnMinus Text - 【BtnMinusクリック処理】
直前に入力した整数を減算して
LblAnserに表示

各ボタンの機能は必要最小限にします。

フォーム上で各ボタンをダブルクリックすると、ボタンクリック処理のプログラムを記述する画面が表示されるので、ここにクリック処理を記述します。

後から、数字0のボタン、-のボタンを追加して、機能強化を図ります。

その他細かいデザインは各自自由に変更願います。

それでは、数字1・数字2・数字3ボタンのクリック処理のプログラム を作成します。



Copyright© やさしいVB2010/2008 ADO.NET. All rights reserved.