実数をキーボードから入力 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

キーボードから実数入力

キーボードから小数点付きの数値(実数)を入力するプログラムを作成します。

文字列を実数値に変換

キーボードから実数値を入力するためには、文字列や整数と同様に、Console.ReadLine()を使います。しかし、画面から入力したデータはすべて文字として扱われるので、プログラムの中で実数に変換する必要があります。

たとえば、画面から実数を入力したときは、宣言した変数の型 Double に合わせて、Double.Parse を使って実数に変換します。

  ' ---<< Double型の例 >>---
  ' 変数の宣言
  Dim inStr As String = ""
  Dim inNum As Double = 0.0
  'キーボードから入力
  inStr = Console.ReadLine()
  '文字列を実数に変換
  inNum = Double.Parse(inStr)

キーボードから実数を入力して、その入力値を2で割って、その結果を表示するプログラムを作成します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
      ' 変数の宣言
       Dim inStr As String = ""
       Dim inNum As Double = 0.0
      ' キーボードから入力
      Console.WriteLine("実数を入力してください")
      inStr = Console.ReadLine()
      ' 文字列を実数に変換
      inNum = Double.Parse(inStr)
      ' 入力値を1/2倍
      inNum = inNum / 2
      ' 結果を表示
      Console.WriteLine("計算結果:" & inNum)
  End Sub

End Module

数字と+ - . 以外を入力すると、エラーエラーダイアログが表示されます。[キャンセル]ボタンをクリックしてください。

エラー

そして、「ハンドルされていない例外:・・・」画面を、何かキーを押して閉じてください。

例外を発生させないためには、Double.Parseの代わりに、Double.TryParseを使います。

Double.TryParseは実数に変換できたときは Trueを、そうでなければ Falseを返すので、例外を発生させないプログラムを書くことができます。

[広告]