数値チェック IsNumeric関数 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

引数は文字列も可

IsNumeric(引数)関数は、引数に指定したデータが数値かどうかを検査します。

IsNumeric関数の引数は文字列も指定できます。IsNumeric(引数)の引数が数値に変換できるときは、True を返し、そうでなければ、Falseを返します。

True と、False は真偽を表現するキーワードで、True は「真」を表し、False は「偽」を表します。

If IsNumeric(inData) = True Then
    ' inDataが数値だったときの処理
    ..........
    .......
    ..........
Else
    ' inDataが数値以外だったときの処理
    ..........
    .......
    ..........
End If

IsNumeric関数を使ったサンプルプログラム

IsNumeric関数を使って、数値以外のデータを入力したら、再入力を促すサンプルプログラムを作成します。0を入力したときに、プログラムが終了するようにします。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
    ' 変数の宣言
    Dim inStr As String
    Dim inNum As Double

    Do
      ' 数値以外の入力は再入力
      Do
          Console.WriteLine("* 数値を入力して下さい *")
          ' キーボードから入力
          inStr = Console.ReadLine()
          ' IsNumeric関数で数値検査
          If IsNumeric(inStr) = True Then
              ' 数値を入力したら、内側のDo Loopを抜ける
              Exit Do
          Else
              Console.WriteLine("エラー")
              Console.WriteLine("* 数値を入力して下さい *")
              Console.WriteLine()
          End If
      Loop

      ' 入力した文字列を数値に変換
      inNum = Double.Parse(inStr)
      If inNum = 0 Then
          ' 0を入力したら、外側のDo Loopを抜ける
          Exit Do
      Else
          Console.WriteLine("数値に変換できました")
          Console.WriteLine()
      End If
    Loop
  End Sub

End Module
[広告]