Do Loop Until 繰り返し制御文 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

繰り返し処理を最低1回は実行

Do Loop Until は、繰り返し処理後に条件式を判定します。条件を満たしていなければ、さらに繰り返し処理を実行します。

繰り返し処理後に条件式を判定するので、最低1回は繰り返し処理を実行します。

  Do
      ............
  Loop Until 条件式

サンプルプログラム

Do Loop Until を使って、キーボードから入力した整数値を合計します。合計値が100を超えたら、キーボードからの入力を終了して、合計値を表示するプログラムを作成します。

最初に100超の整数を入力すると、その値が合計値に表示されます。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1
 
  Sub Main()
      ' 変数の宣言
      Dim inStr As String
      Dim inNum As Integer = 0
      Dim sum As Integer = 0

      ' Do Loop Until を使って
      ' 入力値の和が100を超えるまで入力を続ける
      Dim msg As String = "整数を入力して下さい"
      Do
          Console.WriteLine(msg)
          ' キーボードから入力
          inStr = Console.ReadLine()
          ' 入力した文字列を整数に変換
          inNum = Integer.Parse(inStr)
          ' 入力値を加算
          sum = sum + inNum
      Loop Until sum <= 100

      ' 合計値を表示
      Console.WriteLine()    ' 改行
      Console.WriteLine("入力値の合計は")
      Console.WriteLine(sum)
      Console.WriteLine("です")
  End Sub

End Module

Do Until では、条件式が、sum > 100 になり、Do Loop Until では、条件式が、sum <= 100 になります。

  ' Do Untilでは
  Do Until sum > 100
      ............
  Loop
  ' Do Loop Untilでは
  Do
      ............
  Loop Until sum <= 100
[広告]