Do Loop While 繰り返し制御文 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

繰り返しを最低1回は実行

Do Loop While は、繰り返し処理を実行後、条件式を判定し、条件を満たしていれば、さらに繰り返し処理を実行します。

Do While Loop との違いは、Do Loop 繰り返し部分が1回実行された後に、条件式を判定する点です。そして、条件式を満たしていれば、繰り返し部分が実行されます。つまり、Do Loop Whileは必ず、繰り返し部分が最低1回は実行されます。構文は次のようになります。

  Do
    ............
    .......
    ..........
  Loop While 条件式

Do Loop While のサンプルプログラム

Do Loop While を使って、キーボードから入力した数値の合計が100以下ならば、キーボード入力を受け付けるプログラムを作成します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
      ' 変数の宣言
      Dim inStr As String
      Dim inNum As Integer = 0
      Dim sum As Integer = 0

      ' Do Loop While を使って
      ' 入力値の和が100以下なら入力を続ける
      Do
          Console.WriteLine("整数を入力してください")
          ' キーボードから入力
          inStr = Console.ReadLine()
          ' 入力した文字列を整数に変換
          inNum = Integer.Parse(inStr)
          ' 入力値を加算
          sum = sum + inNum
      Loop While sum <= 100

      ' 合計値を表示
      Console.WriteLine()    ' 改行
      Console.WriteLine("入力数値の合計は")
      Console.WriteLine(sum)
      Console.WriteLine("です")
  End Sub

End Module

Do ... Loop While sum <= 100 では、繰り返し部分を実行してから条件判定します。

Do While sum <= 100 ... Next では、条件判定してから繰り返し部分を実行します。

上のプログラムでは、While sum <= 100 の判定を先にしても、後にしても結果は同じです

条件判定の場所が違うので、プログラムの実行経路が変ってきます。プログラムによっては実行結果が異なることもあります。

大事なことは、誰が見ても分かりやすいプログラムを書くことです。

[広告]