For Each ... Next 繰返し [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

要素数だけ繰り返し処理

For Each ... Next は、次のような書式になります。In で指定した配列などの要素グループのすべての要素について、もれなくFor Each の次行から Next 間での処理を実行してくれます。要素グループのメンバー数が不定の時には特に便利です。要素のデータ型は、要素グループのデータ型に揃えます。

サンプルプログラムを見れば、使い方がよくわかります。

  For Each 要素  As データ型 In 要素グループ
    ..........
    .......
    ..........
  Next

For Each ... Next を使っても、繰り返し処理をすることができます。

合計値を求めるサンプルプログラム

For Each ... Next を使って、配列要素の合計値を求めるサンプルプログラムを作成します。

配列については、配列の初期化配列の宣言と代入 を参考にしてください。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
        ' 配列変数の宣言
        Dim arryTensuu() As Integer = {85, 80, 90, 75, 60}
        Dim sum As Integer = 0

        ' For Each Next を使って配列の合計を求める
        For Each tensuu As Integer In arryTensuu
            Console.WriteLine(tensuu & "を加算")
            ' 前回までの合計値に加える
            sum = sum + tensuu
        Next

        ' 合計を表示
        Console.WriteLine()        ' 改行
        Console.Write("合計は、")
        Console.Write(sum)
        Console.Write(" です")
        Console.WriteLine()        ' 改行
    End Sub

End Module

実行中のようすです。

ForEachNext