Do Until Loop 繰り返し [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

条件を満たすまで繰り返し処理を実行

Do Until Loop は、Do While Loop と同様に繰り返し処理を実行しますが、条件式の判定が逆になります。

Do Until Loop は、条件式を満さなければ、繰り返し処理を実行し、条件式を満たすと、Loop を抜けます。

  Do Until 条件式
    ............
    .......
    ...........
  Loop

Do Until Loop のサンプルプログラム

Do Until Loopを使って、Do While Loopと同様に、画面から入力した整数の合計が100を超えなければ、入力を受付けるプログラムを作成します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
      ' 変数の宣言
      Dim inStr As String
      Dim inNum As Integer = 0
      Dim sum As Integer = 0
      ' 入力値の和が100を超えなければ入力を続ける
      Do Until sum > 100
          Console.WriteLine("整数を入力してください")
          ' キーボードから入力
          inStr = Console.ReadLine()
          ' 入力した文字列を整数に変換
          inNum = Integer.Parse(inStr)
          ' 入力値を加算
          sum = sum + inNum
      Loop

      ' 合計値を表示
      Console.WriteLine()    ' 改行
      Console.WriteLine("お疲れ様でした")
      Console.WriteLine("入力した数値の合計は")
      Console.WriteLine(sum)
      Console.WriteLine("です")
  End Sub

End Module

Do Until の条件式は、sum > 100 ですが、Do While では、sum <= 100 となります。同じことをするプログラムでも、いろいろな書き方があります。大事なことは、後から見ても他人が見ても、分かりやすいプログラムを書くことです。

  ' Do Until Loopでは
  Do Until sum > 100
    ............
    .........
    ............
  Loop

  ' Do While Loopでは
  Do While sum <= 100
    ............
    .........
    ............
  Loop
[広告]