複数文字列の連結 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

多くの文字列を連結

文字列連結演算子 & を複数使えば、いくつでも文字列を連結できます。文字列変数同士の連結や文字列変数と文字列の連結など、いろいろと連結操作が可能です。

文字列連結演算子 & を使えば、複数の文字列を簡単に連結することが可能です。少しオーバーな例を紹介します。

  ' 複数の文字列を連結
  Dim after1 As String = ""
  ' after1 = "1行目の文字列"
  after1 = "1" & "行" & "目" & "の" & "文字列"

  ' 文字列変数を混在させて連結
  Dim after2 As String = ""
  Dim common As String = "文字列"
  ' after2 = "1行目の文字列"
  after2 = "1" & "行目" & "の" & common

文字列連結演算子 & を使ったプログラム

[ファイル]-[新しいプロジェクト]から、「コンソールアプリケーション」を選択し、プロジェクト名を入力したら、[OK]ボタンを押すと、プログラム入力画面が表示されるので、次のようにプログラムを入力します。

サンプルプログラムは、文字列変数と文字列を様々に連結して、連結結果を表示します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
       ' 文字列変数の宣言
       Dim after As String = ""

       ' 3つ文字列を連結して表示
       after = "1" & "行目" & "の文字列"
       Console.WriteLine(after)

       ' 文字列変数を混在させて連結
       Dim common As String = "の文字列"
       after = "2" & "行目" & common
       Console.WriteLine(after)

       Dim gyo As String = "行目"    
       ' 3つ文字列を連結して表示
       after = "3" & gyo & common
       Console.WriteLine(after)

       ' 4つ文字列を連結して表示
       after = "4" & gyo & common & "です"
       Console.WriteLine(after)

       Dim mark As String = "★"    
       ' 5つ文字列を連結して表示
       after = mark & "5" & gyo & common & "です"
       Console.WriteLine(after)

    End Sub

End Module

[Ctrl]キーを押したまま、[F5]キーを押して、このプログラムを実行し、文字列が正しく表示されることを確認してください。

【練習】文字列変数と連結演算子を使って、複数の文字列を連結して、画面に表示するプログラムを作成しましょう。