べき乗演算子 ^ [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

n乗計算

数値の2乗・3乗などのべき乗(累乗)を計算するためには、べき乗演算子^を使います。日本語では、^をキャロットなどと言います。

べき乗演算子を使う計算では 数値は、Double型 になります。Double型は、すべての数が正確に表現できないので、わずかではあるが誤差が出るケースがあります。

【負数のべき乗】負の数のべき乗を求める時は、べき乗する数値を( )で囲まないと、正しく計算されません。-2の2乗は次のようにプログララミングします。

  (-2) ^ 2

べき乗演算子^ を使ったサンプルプログラム

べき乗演算子を使う時のデータ型は、すべてDouble型で宣言します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
     ' Double型変数の宣言と代入
     Dim anser1 As Double = 0
     Dim anser2 As Double = 0
     Dim anser3 As Double = 0
     Dim anser4 As Double = 0

     ' べき乗計算
     ' anser1は 4
     anser1 = 2 ^ 2
     Console.WriteLine(anser1)

     ' anser2は -4
     anser2 = -2 ^ 2
     Console.WriteLine(anser2)

     ' anser3は 4
     anser3 = (-2) ^ 2
     Console.WriteLine(anser3)

     ' anser4は 0.5
     ' 2 ^ -2は、2 / (2 * 2)
     anser4 = 2 ^ -2
     Console.WriteLine(anser4)

     ' Double型変数の宣言と代入
     Dim anser5 As Double = 0
     Dim a As Double = 2

     ' anser5は 1.21
     anser5 = 1.1 ^ a
     Console.WriteLine(anser5)
  End Sub

End Module

0を使った累乗

0を使った累乗の例です。演算結果に注意してください。

Module Module1

  Sub Main()
     ' 実数型変数の宣言と代入
     Dim anser As Double = 0

     ' anserは、1
     anser = 3 ^ 0
     Console.WriteLine(anser)

     ' anserは、1
     anser = (-3) ^ 0
     Console.WriteLine(anser)

     ' anserは、-1
     anser = -3 ^ 0
     Console.WriteLine(anser)
  End Sub

End Module
[広告]