文字列を画面に表示する

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

コンソールアプリケーション

Visual Basic を使って、画面(ウィンドウ)に文字列を表示するプログラムを作成します。

最初に、コンソールアプリケーションのプロジェクトを作成します。コンソールアプリケーションにしたのは、Visual Basic の文法に専念できるからです。

新規プロジェクトの作成

新規プロジェクトを作成すると、次のようなプログラム作成画面が表示されます。

プログラムコーディング

プログラムの作成

プログラムは、Sub Main() と End Sub の間に記述します。

Module Module1

    Sub Main()

    End Sub

End Module

最初のプログラム作成

Console.WriteLineメソッドを使って、ウィンドウ(DOS窓ともいう)に文字列を表示するプログラムを作成します。

Sub Main() と End Sub の間に、「Console.WriteLine("最初のプログラム")」と入力してください。

プログラム内で文字列を記述するときは、"(ダブルコーテンション)で囲む必要があります。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
        Console.WriteLine("最初のプログラム")
    End Sub

End Module

この1行で最初のプログラムは完成です。

それではプログラムを実行してみましょう。[Ctrl]キーを押したまま、[F5]キーを押してください。

【注意】[F5]キーだけを押して実行したり、ツールバーにある[実行]ボタンを押して実行すると、表示画面はすぐに消えてしまい、実行結果を確認できません。

タイプミスがなければ、下のようなウィンドウが表示されます。これで最初のプログラムは無事完成です。

「続行するには何かキーを押してください...」は、必ず表示される文言なので、気にしないでください。

Hello World


終了する時には、キーボードのキーをどのキーでもよいので、ひとつ押してください。このウィンドウを終了することができます。

もし、次のウィンドウが表示されたら、プログラムにエラー(誤り)があります。おそらくタイプミスだと思います。

ビルドエラー

「いいえ」をクリックして、エラー箇所を修正してください。エラーの修正手順に従って修正したら、再度 [Ctrl]キーを押したまま、[F5]キーを押して実行してください。

【注意】他の Visual Studio のバージョンでも同様な操作手順になります。

[広告]と関連コンテンツ
[広告]