1次元配列の宣言と代入 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

配列変数

今まで作ったプログラムは、data1, data2, data3.... のように、必要な数だけ変数を宣言して使っていましたが、同一種類のデータ数が多かったり、入力するデータ数がわからない場合などは、変数を多めに宣言する必要があり、プログラムが長くなって、修正が面倒になります。

そのようなときのために、配列変数が用意されています。配列変数を使えば、すっきりしたプログラムを書くことができ、プログラムも短くなります。

まずは、簡単な1次元配列から始めましょう。

データ数を指定して宣言

1次元配列を宣言するためには、()を使って、カッコの中に要素数を指定します。

たとえば、要素数が5個の整数配列変数kakakuの宣言は、kakaku(4)になります。kakaku(5)ではないので注意してください。

' 整数配列変数の宣言
Dim kakaku(4) As Integer

要素数が5個の整数型配列変数 kakaku を宣言すると、kakaku(0)、kakaku(1)、kakaku(2)、kakaku(3)、kakaku(4)の5つの変数が使えるようになります。

()の内の数字のことを、添え字とかインデックスと言い、添え字は0から始まります。1からではありません。

要素数が10個の文字列配列変数を宣言します。

個別の配列要素は、namae(0)、namae(1)、namae(2)、.....、namae(9)の10個の要素になります。

' 文字列配列変数の宣言
Dim namae(9) As String

配列変数を使ったサンプルプログラム

文字列変数への値の代入を、配列変数を使ったプログラムを作成します。

ループ処理を利用して、値を代入するので、プログラムが短くなります。ループ処理が使えるのも、配列のメリットです。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
        ' 配列文字列変数の宣言
        Dim str(20) As String

        For i As Integer = 0 To 20
            ' 文字列の連結
            str(i) = (i + 1) & "行目"
            ' 文字列の表示
            Console.WriteLine(str(i))
        Next

    End Sub

End Module

配列を使わずにnamae 変数を使うと、値を個々の配列要素に一つずつ代入することになり、プログラムも長くなります。

'配列使わないと
Dim str1 As String = "1行目の文字列"
Dim str2 As String = "2行目の文字列"
Dim str3 As String = "3行目の文字列"
Dim str4 As String = "4行目の文字列"
............................
Dim str10 As String = "10行目の文字列"
............................
............................
Dim str20 As String = "20行目の文字列"
[広告]