データ接続の追加方法[VB 2013]

Visual Basic 2010/2008 やさしいADO.NET DBプログラム

   やさしい VB2010/2008 ADO.NET

データベースエクスプローラの使って、データベースの接続を追加する方法を紹介します。

データベースエクスプローラの活用

VB 2008 を起動します。データベースエクスプローラが表示されていなければ、ツールバーの表示(V)を選択し、データベースエクスプローラ(D)をクリックします。

【注】VB 2010 でも同様な操作でできます。

データベースエクスプローラ画面1


すると、次のようにデータベースエクスプローラ画面が表示されます。

データベースエクスプローラ画面2


データベースエクスプローラ画面のデータベースへの接続ボタン(丸印のボタン)をクリックします。

データベースエクスプローラ画面3


すると、接続の追加画面が表示されます。もしデータソースが、SQL Serverになっていないときは、変更ボタンをクリックします。

データベースエクスプローラ画面4


データベース変更画面が表示されるので、SQL Server データベースを選択し、[OK]ボタンを押下します。

データベースエクスプローラ画面5


接続の追加画面に戻るので、[参照]ボタンを押下し、SQL Serverのデータベースファイル(.mdf)を指定して、[OK]ボタンを押下します。

最後に、[OK]ボタンを押下すれば、データベースエクスプローラのデータ接続にデータベースが追加されます。


Copyright© やさしいVB2012/2010 ADO.NET. All rights reserved.