社員マスターテーブル削除[VB 2013]

Visual Basic 2010/2008 やさしいADO.NET DBプログラム

   やさしいVB 2010 / 2008 ADO.NET

社員マスターテーブルの1レコードを削除(Delete)する画面プログラムを作成します。

社員マスター削除画面クラス

削除フォーム

社員マスターの1レコードを削除する画面クラス仕様

【検索ボタン押下処理】
  • 社員コードを引数に指定して、社員データ削除クラスClsDeleteShainのインスタンスを生成(社員マスターから引数にしたレコードを取得)
  • ClsDeleteShainインスタンスの社員氏名プロパティと社員カナプロパティから、社員氏名と社員カナを取得して画面に表示
【削除ボタン押下処理】
  • 社員コードを引数に指定して、ClsDeleteShainクラスのDeleteKeyRecordメソッドを呼び出し、社員マスターからレコードを削除
社員マスター表
Key 列名 データ型 NULLを許容
社員コード nchar(5) しない
社員氏名 nvarchar(20) しない
社員カナ nvarchar(40) しない
部署コード nchar(4) しない
更新日時 datetime しない
Option Strict On
 
'////////// 社員マスター削除画面クラス //////////
Public Class FormDelete
 
    '----------<< フォームロード処理 >>----------
     Private Sub FormDelete_Load(ByVal sender As System.Object, _
         ByVal e As System.EventArgs) Handles Mybase.Load
 
        ' 画面初期設定
        ClearForm() 
 
    End Sub
 
    '----------<< 検索ボタン押下処理 >>----------
    Private Sub BtnRetrieval_Click(ByVal sender As System.Object, _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles BtnRetrieval.Click
 
        Try
            ' 社員データ削除クラスのインスタンス生成
            Dim shain As New ClsDeleteShain(TxtShainCode.Text)
            LblShainShimei.Text = shain.ShainShimei
            LblShainKana.Text = shain.ShainKana
 
            ' 部署データ選択クラスのインスタンス生成
            Dim busho As New ClsSelectBusho(shain.BushoCode)
            LblBushoMei.Text = busho.BushoMei
 
            ' 社員コード・検索ボタン入力不可
            TxtShainCode.Enabled = False
            BtnRetrieval.Enabled = False
            BtnDelete.Enabled = True
            ' 削除ボタンにフォーカス
            BtnDelete.Focus()
 
        Catch ex As myShainCodeException
            ' 社員コードエラー
            MessageBox.Show(ex.Message, "社員コードエラー")
            TxtShainCode.Focus()
 
        Catch ex As myDBIOException
            ' DBアクセスクラス独自例外発生時
            MessageBox.Show(ex.Message, "DBIO例外発生")
 
        Catch ex As Exception
            ' その他例外発生時
            MessageBox.Show(ex.ToString, "例外発生")
 
         Try
 
    End Sub
 
    '----------<< 削除ボタン押下処理 >>----------
    Private Sub BtnDelete_Click(ByVal sender As System.Object, _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles BtnDelete.Click
 
        Try
            ' 社員マスターレコード削除処理
            Dim shain As New ClsDeleteShain
            shain.DeleteKeyRecord(TxtShainCode.Text)
 
            ' 画面初期設定
            ClearForm() 
 
            ' 正常終了
            MessageBox.Show("正常に削除されました", "削除処理")
 
        Catch ex As myDBIOException
            ' DBアクセスクラス独自例外発生時
            MessageBox.Show(ex.Message, "DBアクセスエラー")
 
        Catch ex As Exception
            ' その他例外発生時
            MessageBox.Show(ex.ToString, "例外発生")
 
        End Try
 
    End Sub
 
    '----------<< クリアボタン押下処理 >>----------
    Private Sub BtnClear_Click(ByVal sender As System.Object, _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles BtnClear.Click
 
        ' 画面初期設定
        ClearForm() 
        ' 社員コードにフォーカス
        TxtShainCode.Focus()
 
    End Sub
 
    '----------<< 画面初期設定 >>----------
    Private Sub ClearForm()
 
        TxtShainCode.Text = Nothing
        LblShainShimei.Text = Nothing
        LblShainKana.Text = Nothing
        LblBushoMei.Text = Nothing
 
        ' 社員コード・検索ボタン入力不可
        TxtShainCode.Enabled = True
        BtnRetrieval.Enabled = True
        BtnDelete.Enabled = False
 
    End Sub
 
End Class

Copyright© やさしいVB2012/2010 ADO.NET. All rights reserved.