左側空白削除LTrim関数 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

左側の空白文字をすべて削除

LTrim関数は、引数に指定した文字列の先頭つまり左側の空白文字をすべて削除した文字列を返します。

左側の空白文字列を削除するのみで、右側の空白文字列は削除しません。また、文字列中の空白文字列も削除しません。右側の空白文字列のみ削除する場合は RTrim関数、左右(前後)の文字列をすべて削除する場合は、Trim関数を使います。

  Dim inStr As String 
  inStr = "  Visual Basic"
  inStr = LTrim(inStr)        ' inStr="Visual Basic"

  inStr = "Visual Basic   "
  inStr = LTrim(inStr)        ' inStr="Visual Basic   "

  inStr = "  Visual Basic   "
  inStr = LTrim(inStr)        ' inStr="Visual Basic   "

LTrim関数を使ったサンプルプログラム

LTrim関数を使って、画面から入力した文字列の左側の空白を削除するプログラムを作成します。 "end" を入力するとプログラムが終了します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
      ' 変数の宣言
      Dim inStr As String = Nothing

      ' endを入力すると終了
      Do Until inStr = "end"
          Console.WriteLine("*** end入力で終了 ***")
          Console.Write("前後に空白文字列を付け")
          Console.WriteLine("文字列を入力して下さい")
          ' キーボードから入力
          inStr = Console.ReadLine()
          ' プログラム終了チェック
          If inStr = "end" Then
              Exit Do
          End If
          ' 入力した文字列から左側の空白のみを削除
          inStr = LTrim(inStr)
          ' 結果を表示
          Console.WriteLine("左側の空白削除")
          Console.WriteLine("[" & inStr & "]")
      Loop
  End Sub

End Module
[広告]