Math.Signメソッド [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

数値の正は1、負は-1、ゼロは0を返す

Math.Signメソッド(関数)は、引数に数値を指定します。Math.Signメソッドを実行すると、数値の符号を示す値1、 -1、または0を返します。

Math.Sign関数は、引数が正数なら1、負数ならー1、ゼロなら0を返します。

  Math.Sign(3)       '  1
  Math.Sign(-3)      ' -1
  Math.Sign(12.5)    '  1
  Math.Sign(-12.5)   ' -1
  Math.Sign(0)       '  0

Math.Sign関数のサンプルプログラム

Math.Sign関数を使ったサンプルプログラムです。入力値の正負を判定します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
        ' 変数の宣言
        Dim inStr As String = ""
        Dim inNum As Double = 0

        Do
            ' 数値以外の入力は再入力
            Do
                Console.WriteLine("** 数値を入力してください **")
                ' キーボードから入力
                inStr = Console.ReadLine()
                ' IsNumeric関数で数値検査
                If IsNumeric(inStr) = True Then
                    ' 数値を入力したら、内側のDo Loopを抜ける
                    Exit Do
                Else
                    Console.WriteLine("エラー:数字以外があります")
                    Console.WriteLine()
                End If
            Loop

            ' 入力した文字列を数値に変換
            inNum = Double.Parse(inStr)
            Console.WriteLine("入力値=" & inNum)
            Console.Write("Math.Sign(" & inNum & ")=")
            Console.WriteLine(Math.Sign(inNum))
            If Math.Sign(inNum) = 0 Then
                Console.WriteLine("0が入力されました")
                Console.WriteLine("終了します")
                ' 0を入力したら、外側のDo Loopを抜ける
                Exit Do
            Else
                If Math.Sign(inNum) > 0 Then
                    Console.WriteLine("正の数値が入力されました")
                Else
                    Console.WriteLine("負の数値が入力されました")
                End If
            End If
            Console.WriteLine()    ' 改行
        Loop
    End Sub

End Module
[広告]