半角空白文字列挿入関数 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

Space関数

Space関数は、引数に指定した数だけ半角の空白文字列を返してきます。

このSpace関数を活用すれば、表示文字列を見やすい書式に編集することができます。

空白文字列の簡単な例

Space関数の引数にマイナス整数を指定できません。

引数にゼロを指定したときは、長さ0の文字列を返します。空白文字列は返しません。次の例を見ればよく分かります。

  "Visual" & Space(0) & "Basic"   ' VisualBasic
  "Visual" & Space(1) & "Basic"   ' Visual Basic
  "Visual" & Space(2) & "Basic"   ' Visual  Basic
  "Visual" & Space(3) & "Basic"   ' Visual   Basic
  "Visual" & Space(4) & "Basic"   ' Visual    Basic
  "Visual" & Space(5) & "Basic"   ' Visual     Basic

掛け算の九九表を表示するサンプルプログラム

掛け算の九九表を表示するプログラムを作成します。2次元配列に九九すべての演算結果を保管してから、見やすくなるように、Space関数で空白文字列を追加しながら、九九表を表示します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

  Sub Main()
      ' 2次元配列文字列変数の宣言
      Dim kuku(8, 8) As Integer

      For i As Integer = 1 To 9
          For j As Integer = 1 To 9
              ' 各段の計算と表示
              kuku(i - 1, j - 1) = i * j
          Next
      Next
 
      ' 結果の表示
      For i As Integer = 1 To 9
          Console.WriteLine(i & Space(1) & "の段")
          For j As Integer = 1 To 9
              Console.Write(i & "x" & j & "=")
              If i * j < 10 Then
                  ' 1桁の時空白を入れて桁を揃える
                  Console.Write(Space(1))
              End If
              Console.Write(i * j)
              Console.Write(Space(2))
          Next
          Console.WriteLine()    ' 改行
      Next
  End Sub

End Module

実行結果

実行中

[広告]