西暦年号を取得する関数 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

年月日から西暦年号を取得

Year関数を実行すると、引数に指定した年月日の西暦年号の部分だけをInteger型の整数値(1~9999)で返します。

Year関数をよく使うのは、現在の西暦年号を取得するときです。

Year関数の返り値を変数に代入する時は、データ型をInteger型にしてください。

  Dim seireki As Integer
  seireki = Year(Now)                        ' 現在の西暦(1~9999)

Year関数の引数に直接日付指定する時は、#で囲んで指定します。#Month/Day/Year hour:minute:second#の順に24時制で記述します。

時刻だけを引数に指定すると、結果は1になります。

  Dim seireki As Integer
  seireki = Year(#3:45:12 AM#)               ' 1
  seireki = Year(#10/16/2011 3:45:56 PM#)    ' 2011

ここでは取り上げませんが、役所や銀行では和暦を使います。むしろ西暦から和暦に変換する機能が必要になるかもしれません。平成に直すのに、西暦年 + 12 とプログラミングするのは、おすすめできません。

Year関数を使ったサンプルプログラム

現在の西暦年号を表示する簡単なプログラムを作成します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1

    Sub Main()
        ' 変数の宣言
        Dim seireki As Integer

        ' Year関数で今の西暦年を取得
        seireki = Year(Now)

        '結果を表示
        Console.WriteLine(seireki)
    End Sub

End Module