時刻の分取得関数 [VB]

Visual Basic 文法[2015 2013 2012]

時刻の分を求める

Minute関数は、引数に時刻を指定します。Minute関数を実行すると、0~59の整数値を返します。引数の時刻には日付を含んでいても大丈夫です。

Minute関数の例です。直接日付を指定する時は、#で囲んで次のサンプルのように指定します。時刻は24時制で入力しても、自動的にAMまたはPMを付加して12時制に直してくれます。引数が日付だけの場合の結果は、0を返します。

  Dim fun As Integer
  fun = Minute(Now)                        ' 現在の時刻の整数値(0~59)
  fun = Minute(#3:45:12 AM#)               ' 45
  fun = Minute(#10/16/2011 3:45:56 PM#)    ' 45
  fun = Minute(#10/16/2011#)               '  0

Minute関数の実行結果を代入する時は、左辺をInteger型にしてください。

  Dim fun As Integer = Minute(Now)

Minute関数のサンプルプログラム

Minute関数を使ったサンプルプログラムです。時刻により表示内容が変わります。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Module Module1
 
    Sub Main()
        ' 変数の宣言
        Dim msg As String = Nothing
        Dim ji As Integer
        Dim fun As Integer
 
        ' Hour関数で"時"を取得
        ji = Hour(Now)
        ' Minute関数で"分"を取得
        fun = Minute(Now)
         ' 時刻を判定してメッセージ作成
        Select Case fun
            Case 0 
                msg = "ちょうど" & Ji & "時"
            Case 1 To 44
                msg = "今の時刻は " & Ji & "時" & fun & " 分です"
            Case 45 To 59
                Dim mae As Integer
                mae = 60 - fun
                msg = "今は " (ji +1) & "時" & mae & " 分前です"
        End Select
        ' 結果を表示
        Console.WriteLine(msg)
    End Sub

End Module
[広告]